悩む女性

人に良く思われたい

近年では、非定型うつ病というような20代から30代の女性の間で増加している比較的新しいタイプのうつ病です。
自身の好きなことに対しては変わらずに関心を持ち楽しく過ごすことが出来るのですが、憂鬱な出来事があった場合は抑うつの状態担ってしまうのが特徴的です。
関心のあることに対しては楽しく過ごすことが出来るのですが、関心のないことや嫌な出来事などがあった場合は抑うつの症状が出てしまう症状に加えて、過食での体重増加や長時間眠れるなどの症状が現れるため、うつ病だと認識することが難しくなってしまい、症状が長引いてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

この種類のうつ病は、明るい時は普段通りですが、うつ状態になってしまった場合かなり気分が落ちてしまうため、ただの気分屋だと思われがちになってしまいます。元来のうつ病である大うつ病障害などの種類とは異なり、気分にムラがある双極性うつ病などと同じような種類のうつ病だと判断されます。
この非定型うつ病は人から良くみられたいという気持ちが一般的なかたよりも強くて、周りからの目が気になるというよう様な方が発症してしまう可能性が高いと言われています。
症状を具体的な例で例えると、趣味などの自分が興味のあることに対しては積極的に取り組んで楽しく過ごすことができるが、仕事などになると急に気分が落ち込んでしまい憂鬱になるためお仕事に行きたくない、お仕事に集中できない。
食事をすると憂鬱な気分が落ち着くので食べる量が自然と増え、体重がどんどん増加してしまう方も多いようです。
このように、一件だの気分屋のような症状が非定型うつ病の症状となっています。
元来のうつ病の様に抗うつ薬などを使用した薬も使用しますが、非定型うつ病の場合は自分で生活リズムを整えるのが大切な治療方法の一つとなっているので、専門医の方と相談しながら生活リズムを整えるようにしましょう。