悩む女性

隠されたうつ病

近年では、多くの方がうつ病を発症してしまう様な傾向が見られます。
これも日本の社会全体が多くのストレスを抱えているためと言えます。元来のうつ病の症状は多くの伊方がなんとなくうつ病なのかもしれないと気づいて上げられる可能性が高いですが、非定型うつ病の様な新しいうつ病の場合は周りの方もうつ病だと気づいてあげることが出来ずにそのまま症状が悪化してしまう様な種類のものもあります。
この~ページで紹介する仮面うつ病というのも一見するとうつ病ではないと判断してしまいがち担ってしまうので、症状に思い当たる点がある方は注意しましょう。

仮面うつ病はうつ病特有の気分の抑うつ症状やイライラするなどの精神的な症状が現れるよりも不眠や頭痛などのようなココロのバランスが崩れる事で身体症状が強く現れるなどの症状があります。
身体的症状が現れるため、心療内科や精神科などに行くのではなく、一般的な医院に行くような傾向があるので、発見が遅れてしまう事が多いのが特徴的です。
また、精神科などに勤めている専門医の方でも誤診をしてしまう事が多いので、患者本人は自分がうつ病だという自覚症状は全くありません。
うつ病というような症状が身体的な症状や他の病に隠されてしまっている状態であることから仮面うつというように命名されました。自覚症状が全くない事に加えて医師の誤診も多いので発見するのが遅れて症状が深刻な状態になってしまう事が多いので注意しましょう。