悩む女性

双極的な症状を抱える

自分は何でも出来るというような気分になる躁と呼ばれる状態と自分には何も出来ないと思い込んでしまう気分になる抑うつの状態になるというような気分の波が激しいのが特徴的なうつ病の種類を双極性うつ病と言います。
双極的な気分をくりかえすため、患者本人もなかなか自分の気持ちを把握することができないような状態になってしまうだけでなく、気分のムラが激しくなることで精神的にとてもつかれるのです。
いつも気分が沈んでいる状態である種類のうつ病とは症状が異なるため治療方法なども変わってきます。
また、軽い双極性うつ病の症状は気分循環症と呼ばれています。

双極性うつ病の場合は躁の状態では、何でも出来るという気分になるため現実離れした行動をとることがあるため、本人はハイテンションで気分よく行動しますが、周囲の方に迷惑をかけてしまうこと無謀な行動をして怪我などをしてしまう事があるので、周囲の方の理解が必要になってきます。
しかし、抑うつの状態に陥ってしまった場合は気分が一気に重くなり押しつぶされてしまう様な気分が続いてしまうのです。
また、躁の気分の時に行なったことに対する自己嫌悪などを感じてさらにツライと感じて死にたいという様な気分になってしまいます。
このような激しく両極端に気分が変わってしまうので、ココロの疲労も激しくなるのです。それがこの様な気分のムラが激しい種類のうつ病の厄介なところでもあります。
自分ではなかなか双極性うつ病だという事を認めたがらないので、周りの方が注意深く患者さんを見守りサポートする必要があります。